無料開催と無料提供の違い!?

おはようございます。年の暮れも迫ってきました。ギリギリまで仕事します才能言語化コンサルタントの傍嶋恵子です。

いきなりタイトルが意味深で「?」でしょうね。

以前からなのですが、起業家同士話しているとよく「無料」について話題になるのです。

どっちがお得?

無料でセミナーを開催するのか、有料で最初からやるのか。

結論から言うと、私は、自分が時間をかけてやってきたことに対して絶対に無料セミナーは開催しません。

でも、今回公開したステップメールは、無料です。

一体どういうことでしょうか。

これからお伝えすることは、集客に困っている人に参考になるだろうと思います。

ときどき、セミナーの主催をしている知人から、会場を無料、集客もこちらでやるから無料でセミナーをやってもらえないか、というお誘いをいただくことがあります。

一見、無料でも宣伝費として考えれば集客ができる(と思われる)ので、お得かなと錯覚しがちです。

でも、たいてい、こういう形の無料は、リスクがあります。なぜならば、直接ターゲットにするお客さまが来るとは限らないからです。

すべてではありませんが、多くは、「無料だから」ちょっと話を聞いてみようかな、と思うか、そこにやってきた人たちに自分の商品を宣伝したいとか、下心がある方たちですね。

逆に、私が無料のものに参加するとしたら、やっぱりそういう心理だと思います。

ターゲットを目の前に引き寄せるための手段ならば無料でも価値がある

じゃあ、なんでステップメールは、あれだけの分量で無料なの?逆に怪しくない?と思うかもしれません。

ただより怖いものはない、と言いますからね!

でも、私がなぜ、充実した内容のステップメールを無料で公開しているかというと、ターゲットを明確に絞り込めるからです。ランディングページで、強烈に興味を持った人は登録してくれます。また、ある程度興味を持った人も登録してくれます。

けど、ちょっと情報収集にと下心からあったりする場合は、登録しません。

ここで言えることは、この段階で、お客さまをグっと絞り込んでいるということなのです。だから、お客さまとして獲得できる確率は、ターゲットが絞り込めない無料セミナーよりも断然高いはずです。

つまり、お客さまは、情報を得てそこに共感や信頼がもてたら、相談しよう、あるいはちょっと高額だけどセミナーに参加しよう、という気持ちになりやすいのですね。

しっかりと情報を伝えた上でやってくるお客さまと、チラシ一枚程度の内容でやってくるお客さまの違いは、ターゲットが絞り込まれているかどうかです。

そういう意味で、目的を明確にして情報を無料提供することは。無駄な無料ではありません。私が活動していなくても、一人で勝手に歩いて営業をしてお客さまを連れてきてくれるものですから有意義ですね。

しかし、無料セミナーは1回で、限られた人数(しかもターゲット層が曖昧)、そして限られた内容しか伝えられません。それ以上伝えたいことは引き続き有料セミナーで、と案内しても、お客さまがよっぽど興味を持たないと、なかなか進展しないでしょう。

ひやかしの人に無料で価値ある情報を提供する必要などない

起業家がセミナーをやって、たくさん集客ができるようになったのにちっとも稼げないという状態に陥ったという話をときどき聞きます。多くの人がセミナーに足を運んでいるのに契約に結びつかないのは、やはりターゲットの絞り込みに問題ありですね。

無料がいけないというわけではないのですよ。

けれども、無料セミナーにしてまで、自分が欲しくないお客さまにまで無料で情報提供する必要はないじゃないですか。それにターゲットに合わないお客さまが来ると、自分のペースも崩れますしね。

そして、何よりも時間の無駄遣いにつながります。

上記は1つの考え方です。事業規模や取り扱う商品によっては結果が違うことがありますのでご了承を。

ただ、無料にするにしても、「何のためにやるのか」と目的を明確にしていくことですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA