将来を見据えて情報を蓄積していくことの大切さ

こんにちは。才能言語化コンサルタントの傍嶋恵子です。

さて、ビジネスをされている皆さんは、どこまで自分のビジネスを広げたいと考えていますか?

ビジネスでは、地域でできるものと、全国に向けて発信するものによって、情報の伝達方法が違ってくるということがあります。

自分の身近でビジネスが回るのならば、ブログやWebサイトがなくても逆に問題ないかもしれません。口コミで広がっていき、それで商売になっているのならば最高ですよね。

そんな人だったら、わざわざfacebookやブログで情報発信をしなくても問題はないのです。もちろん、あるに超したことはありません。さらに、ブログが日記的な書き方だったとしても、口コミビジネスなので、それもあまり問題ではないかもしれません。

しかし、将来的に自分がどうしていきたいかを考えたとき、情報発信が必要かどうかを見極める必要はあります。

自分がもし、このまま地域でやっていければいい、というのであれば、今の方法で継続していけばいいと思います。が、将来、もっと自分の仕事を拡大したい、日本全国の人に知ってもらいたい、世界へ発信したいと思っているのならば、たとえ今、地域で仕事が成り立っていたとしても、Webでの情報発信を、正しい形で、今からしていくことが大切です。

というのは、情報の蓄積こそが自分のビジネスを広げていくことにつながるからです。

情報、情報とうるさく感じるかもしれませんが、今の世の中に現実に起きていることは、情報発信をしていかないとビジネスにつながっていかないのです。

インターネットが普及してから、人は、何かと「検索」をして情報を探します。

検索機能がある限り、将来的にも人は「検索」して何かを探します。これが今の時代の「あたりまえ」の行動になっているのですね。

そんな世の中の現実に目を背けていたら、成立するものも成立しませんね。

私は、でんでんむし出版を立ち上げたとき、「名古屋から情報を発信していこう」と思っていたのですが、最近は、「名古屋から」などとこだわらず、「私」から全国に向けて発信していきたいなと考えているのですね。

本を書いてもらうことも目的の一つですが、本を書くことを人に勧められるプロデューサーを育てることもできるのでは、と考えているのです。

それは、でんでんむし出版のあり方として、ただ独占的に本を出版するという出版社ではなく、良い本を世の中に送り出したい、という思いのほうが強いからです。

また、ビジネスをする人々は、自分の中に伝えたい思いがあってこそすると思うのです。

今すぐでなくても、正しい情報発信を積み重ねることによって、いずれ本にまとめていくこともできるわけです。そういった意味で、この起業向けのコンサルタントでは、ビジネスの強みを引き出し、軸をぶらさずに進んでいけるようにお手伝いしているのです。

そして、当然、ブログなどによる情報発信に重点を置いています。将来を考えて。

中には、本を書くことからビジネスをはじめる人もいるかもしれません。

逆に、コツコツ積み重ねていったもので情報を固めて、ドカンとビジネスで花開かせる人もいるかもしれません。

いずれにしても、「本」は、もはや生涯に一冊書くか書かないかのような敷居の高いものではなく、誰でも出版ができ、自分の人生を活かすために多いに活用できるものになったのです。

そのためにも、視点を変えて、日頃からの情報発信にもっと目を向けてみるとよいですね。

ちなみに、情報発信って、やろうと思ってすぐにできるもではありません。検索エンジンで検索をされるぐらいになるには、時間と労力は欠かせません。だからこそ、今からコツコツやるしかないのです。

何かご相談ごとがあるかたは、無料相談をご利用くださいませ。

無料相談

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA